| Cycle 23 | アジアズ・ネクスト・トップ・モデル 5 |


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ:

ANTM Cycle10 EP13 (Finale)

ついにファイナル3!

それぞれが抱負を語ります。

タイラメール
「しっかりセリフを覚えて、次は私を感動させて!」

カバーガールのCMと広告の撮影ですね~
撮影はコロッセオ前で!

Mr.Jay:「台本は渡してあるからセリフは覚えたよね?」

そしてC9Winnerのセリーシャ登場
ちょっと可愛くなってた気がする。

メイクルームではプレッシャーからかアーニャが泣き出してしまいます。
スタン:「泣かないで

CM撮影開始!


ファティマも喋りがイマイチな感じですかね~。


ホイットニーは喋れるでしょ!わざとらしさも目立たなかった感じ?


アーニャは彼女らしさが出てましたね~。


次は広告撮影


ファティマ



ホイットニー



アーニャ



タイラメール
「明日は審査の日です」
「2人だけが引き続きトップモデルを目指せます」


そして審査の日

ジャッジいわく
ホイットニー 作り笑顔でミスコンぽい。
ファティマ歯磨き粉のCMっぽい
アーニャこのままだと放送事故になりそう。発音が…

アーニャの発音は、言われてはいたけど
C6ダニエルの時ほどこっぴどくは言われてなかったのよね。
個性と言いつつもジャッジ的に好き嫌いは分かれていた様子。

ヴェルサーチのショーに出れる2人は誰?

ジャッジ:「アーニャとファティマは自信を失ってる気がする」
タイラ:「フェイクっぽく見える人は何かを隠してるのよね」

今サイクルのセブンティーンの表紙はナイジェルが撮影するとか。

1st Callはアーニャ

タイラ:「ホイットニーは美しい子だけどジャッジには本当のあなたが見えないの」
タイラ:「ファティマは美しいけどそれだけじゃダメなのよ表現をしなくちゃね」

そしてアーニャに続くのは…ホイットニー

ここでファティマが脱落

ファティマ:「新しい人生が始まるわ」
Fatima Siad | Cycle 10<br />Photo: Udo Spreitzzenbarth<br />For: WestEast Magazine
その後はモデルとしてかなり活躍してますね~



ホイットニーはやっぱり過去にいろいろ言われてきたみたいですね~。
虚勢を張ってるのはそのせいかも?


そして2人はセブンティーンの撮影に






その後は番組史上最大のショー

たしかにスタンが言うように
ジューシーB00TYがファイナルランウェイショーに出るのは初めてかも?



ピンクドレスは歩きにくそうだったけどすごくキレイね
アーニャのウォーキングはちょっとカタイ感じでしたかね。
今回はショーらしいショーでステキでした

そして最終審査に・・・・

ポーリーナ:「男がベッドに誘いたいのはホイットニー」
ポーリーナ:「ドレスを買うならアーニャから」
↑名言!


America's Next Top Model is ・・・・

ホイットニー
Congrats!!


彼女は小さい頃からぽっちゃりさんだったようですね。
今だと普通にリアルサイズな感じでイイんじゃないでしょうか。
時期によってサイズがマチマチだったりもするみたいだけど…
彼女は性格はアレな感じだったけど見た目は嫌いじゃない。

その後もいろいろとモデル活動などしているみたいですね。

トータルではアーニャの方が好きだけど
どちらが勝ってもモデルらしくて納得な感じでしたね~。
スポークスパーソンとしてはホイットニーで良かったのかも。


アーニャは、C9ヘザーのキレイさを正統派にした感じでしょうかね。
彼女のその後もかなりモデル活動をしていた様子。


このサイクルのトップ3は
それぞれモデルとしてかなり活躍しているのでイイ感じでしたね~





【その後】




ファティマ

Dominique Reighard | Cycle 10 & All-Stars<br />Photo: Derek Blanks
(ドミニク)

これは惚れる


(ドミニク)

コレは完全にクィーンさんですから…


※ドミニク押しでスミマセン
他にもステキな写真や情報を見つけたら更新していこうと思います。

関連記事
スポンサーサイト

タグ: Cycle10

テーマ: リアリティTV | ジャンル: テレビ・ラジオ

ANTM Cycle10 EP12

ついに残り4人 みんなそれぞれに意気込みを語ります。
部屋では3人でドミニクへの陰口
モデル顔じゃないのは…ホイットニー!あなたでしょ?
ドミニクはモデリング中はイケてるのだ

そしてドミニクの寝食い
(まぁね、顔が痩せすぎてるから食べた方がイイ

アーニャは自信はある感じだけど嫌味じゃないのがイイですね

タイラメール
「写真を撮って勝ち進め!」

そして自然の残る公園へ向かう一行
そこではポーリーナが撮影中
フォトグラファー・フランチェスコが写真の構図や光について教えるよ!と。
4人でお互いを撮り合います。

セブンティーン・マガジンのアン・ショケットも登場
ポーリーナを撮影するチャレンジ!
審査ポイントはモデルの扱い方と写真の出来。
勝者は次の撮影で50ショット分多く撮影してもらえます。



ポーリーナいわく
ファティマ指示が的確で頼りがいのあるフォトグラファー
ドミニク指示がイマイチでテクニックが伴わない
ホイットニー指示が明確で楽しく撮れた
アーニャヤル気は認めるけどもっと狙いを定めた方が良い

アン・ショケットいわく
ホイットニー光をうまくとらえてモデルの美しさが際立たってた
アーニャアイディア倒れ
ファティマバリエーション豊かで編集者としては選択肢が広がる
ドミニク構図のとりかたがイマイチで頭からサボテンが生えてた

チャレンジWinnerはファティマ
初のチャレンジ勝利だそう。

部屋に戻るとウォーキングの練習です。
ドミニクはどうやらウザがられてる様子。
まあね…早口でよく喋るし、よく食べるw

タイラメール
「有名人はまとわりつかれて大変」

撮影場所へ向かう一行。今回は夜の撮影だそう。
50年代の映画スターに扮してセクシーな男性モデルとのデートシーン
パパラッチにつけ回される有名人になりきる、と。
撮影はナイジェル


アーニャ

ホイットニー

ファティマ

ドミニク


Mr.Jayいわく、今回はみんなイマイチだったそう。
アーニャジェイの指示で良くなって偶然良い写真が撮れた
ファティマエクストラショットがあって助かったんじゃね?
ホイットニーわざとらしい
ドミニクキメすぎてやらせっぽいし男に見える


そして審査の日


Miss.J:「見てよ!やっぱり彼女はオトコだったのよ
“That’s why it’s called Cover Girl - it covers up the man in you.” — Miss J
(↑名言w)

1st Callはアーニャ

ボトム2は、ドミニクとファティマ

そして、ドミニクが脱落
残念すぎるぅ


またヘンな格好で審査に来てしまったドミニク
写真選択にヤラレた感じもするけど…

メイクオーバー後の髪型もイマイチだったし
この頃は普段はイケてない感じだけど
モデルとしては良かったのになぁ
プラスサイズ」押しじゃなければトップ3に入っていただろうなぁ…

何度も言うが、わたしはアノ手の顔が好きなのだ



そして飾らないチャキチャキな感じも好き♪

Dominique Reighard | Cycle 10 & All-Stars<br />Photo: Derek Blanks
その後の彼女はC17のAll-Starsにも出ています。
あの時のJayの「女性らしくなった♪」の驚きはこのCを見るとわかる気がします。
少し年を重ねて少し丸さとセクシーが出た感じがさらに好き系でした

日本でもこの先のサイクルをコンスタントに放送してほしいですよね~。
10サイクル分追いつくには毎日のマラソン放送でも良いくらいよね

関連記事

タグ: Cycle10

テーマ: リアリティTV | ジャンル: テレビ・ラジオ

ANTM Cycle10 EP11

部屋ではファティマとホイットニーがカタジーナの悪口を
影が薄いとかなんとか…。

たしかに彼女はセクシー系な見た目のわりに、
とってもイイ子みたいな感じなんですよね~
一緒にいるのもアーニャだしね。

そしてタイラメール
「ローマでは、ポーズをとりたいなら戦って!」

一行はローマの古代遺跡に向かいます。
そこには古代戦士の格好をして戦っている人たちが。

グラディエーター・スクールのインストラクターに剣闘を教わります。
モデルとして、優雅さと勇ましさを同時に表現せよ!と。

ドミニク:「ホイットニーをぶった切ってやる」


一通り型を習ったらセクシー戦士の格好に着替えです

そしてジェイズの登場
これまでの課題では助言の通りに出来ていなかったから
今日の課題でそれらができるかを試すよ!と。

Mr.Jay:「って事で、今から撮影だよ

今回はフォト・チャレンジです。
戦いの相手はマッチョな男性戦士のフェルディナンド。
なんと!撮るのは5ショットだけだそう。


そして、チャレンジWinnerはホイットニー
ご褒美は、€1000
ローマでショッピングができるという。
勝者は友達と賞金を分け合ってもいいし独り占めしてもイイよ!と。
買い物にはアーニャが同行します。

ショッピングを終えた2人が部屋に戻ると
そしてタイラメール
「みんな十分経験を積んだはず!」

そして、トッレ城へ向かう一行。
ルネサンス時代の絵画などが城内にあるそう。
今回の撮影はルネッサンスを現代的に表現するという。
フォトグラファーはタイラ

スタン:「カタジーナのドレスちょー素敵♪ ワタシのと交換しない?」


ファティマ

ドミニク

アーニャ

ホイットニー

カタジーナ

タイラ&Mr.Jayいわく
カタジーナエジプシャンダンスみたい
ドミニクアニメに出てくる悪女に見えがちだけどゴージャス
ファティマバレリーナのようで助言いらず
ホイットニー体のラインを強調し過ぎ。ドミニクの方が良かった
アーニャ体の使い方をわかってて安心して撮れる


そして審査の日


カタジーナは実物は良いのに写真が残念で
ドミニクは写真が良いのに実物が残念だとジャッジ達。

1st Callはファティマ

ボトム2は、カタジーナとホイットニー

そして、カタジーナが脱落
タイラ:「キレイな顔やボディに安心して突出したところがないわ」と。
たしかに見た目のわりにイイ子(普通)過ぎちゃう感じでしたね~
写真も初めの頃の方が良かった気がします。
いっそ東欧っぽさ全開でいけば良かったのにね


その後もいろいろとモデル活動しているみたいですね。
このサイクル出身では、かなり活躍しているうちのひとりのようですね。

関連記事

タグ: Cycle10

テーマ: リアリティTV | ジャンル: テレビ・ラジオ

ANTM Cycle10 EP10

一行はローマに到着~♪

空港からバスに乗り込みます。
ウキウキしながら景色を楽しむみんなについて行けない様子のローレン。
そ し て・・・・




カワイイ

無事にローマに来れたファティマは元気を取り戻します。

そして、タイラメール

「トップモデルになりたいなら遊んでばかりいられない」
「角を曲がって旗を掲げた新居を探して!」

ローマでのHouseはものすごくゴージャス

そこでファティマが体調を崩してしまいます。

ドミニク:「いくら素質があってもあれじゃモデルになれないわ
「甘ったれないでよ~!*△◇×○□@・・・・」と、ものすごく早口

そんな中、アーニャだけはファティマを気にかけます。
優しい

次の日の朝
ローレンがなにやらガサゴソうるさいw
イラつきながら荷物を投げ飛ばしながら探し物

そしてタイラメール
「街中を漂って美のセンスを磨いてね」

無邪気なコメントをするアーニャを
別撮りインタビューでホイットニーがバカにします

私:「Zip it! ホイットニー




↑古いサイクルですけどタイムリーに流れてきた写真

広場へ行くと案内人のクラウディオが。
ガイ・マッティオーロのアシスタント・デザイナーです。
「ローマの街を巡ってファッション・チェックをしよう!」と。
セグウェイに乗って移動です。

街中のイタリア女性たちのファッションをチェック!
ローレン:「彼女たちのファッションはステキだけど、私は革ジャンの方が合ってるわ」

そしてスペイン広場に到着~。
クラウディオ:「ガイ・マッティオーロに会いに行こう」

イタリアの着こなしでマッティオーロにアピールせよ!というチャレンジ。
彼のコレクションの服でイタリア女性に変身です。
「最もイタリアンファッションがサマになってる人を決める」という。

ウォーキングもして見せます。(ローレンピンチ

ガイ:「ローレンや、君はとてもキレイな足をしてるね」
(ガイさんイイ人 ドミニクの事はフレッシュじゃないとか言ってたクセに

チャレンジWinnerはアーニャ

ガイ:「ご褒美のドレスは次のレッドカーペットにでも着ておくれ」

またまた別撮りで文句をタレるホイットニー
(あなた、あのサイズのドレス着れないですよね?
それに比べて、
アーニャはロシアの血のキレイさにハワイアンスピリットでイイ感じですね~

部屋に戻るとタイラメール
「ファーチレ ブレッツァ ベッラ」
イージー ブリージー ビューティフォー♪

そ し て
ローレン:「cr@p!cr@p!cr@p!」
「コスメのCM撮影だけはやりたくなかった」だと~?
まだ自信がないのかオマエは!?
(C8ジェイエルもガラじゃないとか言ってたんだっけか?)

翌朝、CM撮影だと張り切ってるみんなとは対照的に
いびきをかきながら寝坊してイヤイヤ起きだすローレン
(ぅむむ、そろそろ限界か?)

撮影現場に行くと
Mr.Jay:「チャオ!ようこそローマへ」

カバーガール「クィーン・コレクション」のCM撮影です
みんなの予想どおりセリフはイタリア語でした。

Mr.Jay:「エスプレッソで目を覚ましてヘアメイクをしたらスタートだよ!」

スタン:「カタジーナ、君は外国語を話せるから楽勝だね」

このストーリー仕立てのCM撮影って久しぶりのような♪

アーニャの口調はちょーカワイイ
イタリアのスタッフさんら爆笑でしたがw

カタジーナはイイ感じ?と思いきやちょっとカタイ印象。


ドミニクw
彼女はスペイン語なまり?と思いきや
Jamaican, German, Black, Scottish and Indianのミックスなのだそう。
キレイなはずだわ

ローレンはものすごく緊張しながらのスタート
結果はメチャメチャっつーかヤル気ナシで残念。
見た目はちょーキレイなんだからさ。

ファティマは風邪?でまだ声がかれている様子。
あのヘアメイクは好き♪(ちょっとドラッグっぽい?)
セリフも一番うまかった感じです。
Mr.Jayもにっこり

ホイットニーw
キメ顔がウザい
Mr.Jay:「彼女の演技はフェイクっぽくてまるで説得力がないね」
ダメ出しされると文句をタレるホイットニー


演技が大げさ過ぎで、C6ジェイドよりはるかにヒドイ


(ジェイドのアレは私は好き♪)

部屋に戻るとめずらしく落ち込んだフリをしてるホイットニー

そして審査の日



タイラ:「ファティマの発音はイイけど、エッチなCMみたい」

ポーリーナ:「ホイットニーは何もかもわざとらしいわ」

タイラ:「アーニャがまともにできたのはキスだけね」

タイラ:「ドミニクのはずいぶんお色気ムンムンね」

ポーリーナ:「ローレンはいつかこういう失態を演じる気がしてたわ」

ポーリーナ:「カタジーナのは今日見た中で一番自然だったわ」

タイラ:「コマーシャルなんだから、もっと媚びなきゃね!」

ホイットニーとローレンを足して2で割るとちょうどイイのだろうか…。


タイラ:「まともなCMがひとつもなかったわね」

Miss.J:「4人落としちゃってもイイかしら?」


1st Callはファティマ

ボトム2は、ホイットニーとローレン

そして、ローレンが脱落

今回は順当。まったく文句ナシですかね~
彼女は写真はホント個性的でキレイなのに
動くとまったくダメなんですよね~。
今回はヤル気がまったく見られなくてすごく残念
本人があきらめちゃってた感じですね~

もうね、だったらステイシーを残していれば良かったのよ~
まあ、今回で落ちちゃいそうですけどね。
と言うか、どうせなら
ローレンはジェイドばりにぶちかましてれば良かったのに。
系はちょっと違う感じですけど。


その後はいくつかモデル活動をして、
プロジェクトランウェイ6のファイナルにも出ていたそう。
そして、アーティスト活動も!(ローレンのTumblr

ちなみに、ローレンの身長は、6' 1" らしいので185オーバーみたいですね。

関連記事

タグ: Cycle10

テーマ: リアリティTV | ジャンル: テレビ・ラジオ

ANTM Cycle10 EP9

相変わらずなホイットニーと
ボトム2から生き残って自信がついた様子のローレン
イマイチ目立たないステイシーは「そろそろ1番に呼ばれたい!」と。

部屋では「そろそろ外国へ行く時期じゃない?」との話題
ドミニクはステキなメンズと出会えるかも~♪と。
一方、ファティマは旅券(VISA?)を失くしてしまったとかで…。
しかも、正式なアメリカ市民じゃないのだとか。
(彼女は難民だそうで、グリーンカード的な物は持っていたそう。)
まあ、国によっては書類の再発行に異常に時間がかかったりしますからね。
「アメリカから出られなかったら失格になるかも…」と落ち込むファティマ。

そして、ポーリーナが訪ねて来ます。
自分をいかに良く見せるかの講義に来たのだとか。
インタビューなどで即座に気に聞いた受け答えをする必要があると。
まずは「VIPと同席した時は会話を交わす必要がある」と。
1分間で印象づけられるかのテスト。
そしてインタビューに備えます。


ポーリーナの意見はズバリと鋭いので好き♪

そうそう。ホイットニーはまさにビューティー・ページェント系なのだ
それまでのCではそこを突っ込まれて落ちて行った子たちがいるけど
彼女はもうちょっとモデルっぽさがあるのかね~。けどフェイクっぽくもある。

その後、部屋でポテトパンケーキを作っていると・・・・

ローレンが指を切ってしまい病院へ。

そしてファティマは番組プロデューサーからの電話で
「書類の申請が遅すぎた」と言われてしまいます。

切ってしまった指を縫って病院から戻ったローレン。

そして、部屋にプレゼントの箱が届きます。
開けると7Upのロゴが!
ジェイ・ゴッドフリーのパーティに招待されます。
そして彼が自ら選んだというパーティーで着るためのドレスも届けられます。

ポーリーナの旦那さんがミュージシャンなので
ローレンは素の自分が出せて話が弾みます。

彼女はヘアメイクをキメるとすごくキレイ♪
が、口は悪い

パーティーにはC8ジャスリーンやC2エイプリルも来ていました。

そして、今回のチャレンジWinnerはアーニャ
彼女は自然体ですごくかわいい
(たまにヘザー・モリスに似てる気がする)
ご褒美はセブンアップの広告撮影。

自信満々だったホイットニーは負け惜しみ
だ・か・ら~!フェイク臭が鼻につくんだってばさ


撮影に行ったアーニャ。
なんと7Upから1万ドルのギャラが!

書類の事で落ち込んでたファティマにも朗報が!
領事館の担当者と会うことができるという。

そしてタイラメール
「のんびりしてる時間はない」
「早く荷造りしないと乗り遅れるわ」


イェ~~~イ♪

徹夜で荷造りをして早朝には空港へ
ファティマは9時に領事館へ行くことになっているのに大丈夫なのだろうか…

そして、飛行機のタラップに座って待ち構えるMr.Jay
「荷造りをしてきてくれて良かったよ」
「なぜなら今日の撮影の小道具にするからね」と

今回は、飛行機に走って乗り込むシーンのグループショットです。

そしてファティマはMr.Jayに外出の許可をもらいに…
「毎C外国へ行ってるんだから書類が間に合わなかったのは少し甘すぎるよ」とMr.Jay。
ごもっとも。

ファティマ抜きで撮影開始です。




そして、無事に書類をもらえたファティマは急いで撮影現場へ。
今回は撮影時間が限られているので間に合うのか・・・・
間に合わず…

撮影を終えたみんなが格納庫へ入っていくと
そこにはジャッジ達が待っていました!
ステージもしっかり用意されています。

そこで審査開始。

タイラ:「ファティマはどこ?」

そしてようやく到着したファティマが入ってきます。
事情を説明すると、タイラからも厳しい言葉が。

そして、「どうして格納庫で審査してるかわかる?」
「審査が終わったらすぐに、合格者が荷物を持って飛行機に乗り込むためよ」と。

海外に行けるのは6人だけよ!

審議では、写真のないファティマをどうするか…と。
「C1のシャノンはヌード撮影を拒んだのに合格したよ」とMr.Jay。
これまでに撮った写真を振り返っての審査です。

1st Callはアーニャ

ボトム2は、ファティマとステイシー

そして、ステイシーが脱落
なんだかフラグが立ちまくってましたよね
ファティマがこれ以降も残ることは知ってしまっていたのだけど
この落ち方はちょっとヒドイ

まあ、Miss.Jが言ってたように
だんだん輝きがなくなってきてた感じですかね。

その後もいろいろとモデル活動しているみたいですね。


そして、
「ジャッジ達はファーストクラスのプライベート機に乗るわ」とタイラ。
「あなた達はエコノミーで来てね」と。
C3の東京行きフライトを思い出しますね~


行き先は…ローマよ♪ あんた達!

関連記事

タグ: Cycle10

テーマ: リアリティTV | ジャンル: テレビ・ラジオ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。