| Cycle 22 | アジアズ・ネクスト・トップ・モデル 4 |


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<< ANTM Cycle10 EP10 ANTM Cycle10 EP8 (Highlights) >>

タグ:

ANTM Cycle10 EP9

相変わらずなホイットニーと
ボトム2から生き残って自信がついた様子のローレン
イマイチ目立たないステイシーは「そろそろ1番に呼ばれたい!」と。

部屋では「そろそろ外国へ行く時期じゃない?」との話題
ドミニクはステキなメンズと出会えるかも~♪と。
一方、ファティマは旅券(VISA?)を失くしてしまったとかで…。
しかも、正式なアメリカ市民じゃないのだとか。
(彼女は難民だそうで、グリーンカード的な物は持っていたそう。)
まあ、国によっては書類の再発行に異常に時間がかかったりしますからね。
「アメリカから出られなかったら失格になるかも…」と落ち込むファティマ。

そして、ポーリーナが訪ねて来ます。
自分をいかに良く見せるかの講義に来たのだとか。
インタビューなどで即座に気に聞いた受け答えをする必要があると。
まずは「VIPと同席した時は会話を交わす必要がある」と。
1分間で印象づけられるかのテスト。
そしてインタビューに備えます。


ポーリーナの意見はズバリと鋭いので好き♪

そうそう。ホイットニーはまさにビューティー・ページェント系なのだ
それまでのCではそこを突っ込まれて落ちて行った子たちがいるけど
彼女はもうちょっとモデルっぽさがあるのかね~。けどフェイクっぽくもある。

その後、部屋でポテトパンケーキを作っていると・・・・

ローレンが指を切ってしまい病院へ。

そしてファティマは番組プロデューサーからの電話で
「書類の申請が遅すぎた」と言われてしまいます。

切ってしまった指を縫って病院から戻ったローレン。

そして、部屋にプレゼントの箱が届きます。
開けると7Upのロゴが!
ジェイ・ゴッドフリーのパーティに招待されます。
そして彼が自ら選んだというパーティーで着るためのドレスも届けられます。

ポーリーナの旦那さんがミュージシャンなので
ローレンは素の自分が出せて話が弾みます。

彼女はヘアメイクをキメるとすごくキレイ♪
が、口は悪い

パーティーにはC8ジャスリーンやC2エイプリルも来ていました。

そして、今回のチャレンジWinnerはアーニャ
彼女は自然体ですごくかわいい
(たまにヘザー・モリスに似てる気がする)
ご褒美はセブンアップの広告撮影。

自信満々だったホイットニーは負け惜しみ
だ・か・ら~!フェイク臭が鼻につくんだってばさ


撮影に行ったアーニャ。
なんと7Upから1万ドルのギャラが!

書類の事で落ち込んでたファティマにも朗報が!
領事館の担当者と会うことができるという。

そしてタイラメール
「のんびりしてる時間はない」
「早く荷造りしないと乗り遅れるわ」


イェ~~~イ♪

徹夜で荷造りをして早朝には空港へ
ファティマは9時に領事館へ行くことになっているのに大丈夫なのだろうか…

そして、飛行機のタラップに座って待ち構えるMr.Jay
「荷造りをしてきてくれて良かったよ」
「なぜなら今日の撮影の小道具にするからね」と

今回は、飛行機に走って乗り込むシーンのグループショットです。

そしてファティマはMr.Jayに外出の許可をもらいに…
「毎C外国へ行ってるんだから書類が間に合わなかったのは少し甘すぎるよ」とMr.Jay。
ごもっとも。

ファティマ抜きで撮影開始です。




そして、無事に書類をもらえたファティマは急いで撮影現場へ。
今回は撮影時間が限られているので間に合うのか・・・・
間に合わず…

撮影を終えたみんなが格納庫へ入っていくと
そこにはジャッジ達が待っていました!
ステージもしっかり用意されています。

そこで審査開始。

タイラ:「ファティマはどこ?」

そしてようやく到着したファティマが入ってきます。
事情を説明すると、タイラからも厳しい言葉が。

そして、「どうして格納庫で審査してるかわかる?」
「審査が終わったらすぐに、合格者が荷物を持って飛行機に乗り込むためよ」と。

海外に行けるのは6人だけよ!

審議では、写真のないファティマをどうするか…と。
「C1のシャノンはヌード撮影を拒んだのに合格したよ」とMr.Jay。
これまでに撮った写真を振り返っての審査です。

1st Callはアーニャ

ボトム2は、ファティマとステイシー

そして、ステイシーが脱落
なんだかフラグが立ちまくってましたよね
ファティマがこれ以降も残ることは知ってしまっていたのだけど
この落ち方はちょっとヒドイ

まあ、Miss.Jが言ってたように
だんだん輝きがなくなってきてた感じですかね。

その後もいろいろとモデル活動しているみたいですね。


そして、
「ジャッジ達はファーストクラスのプライベート機に乗るわ」とタイラ。
「あなた達はエコノミーで来てね」と。
C3の東京行きフライトを思い出しますね~


行き先は…ローマよ♪ あんた達!

関連記事
<< ANTM Cycle10 EP10 ANTM Cycle10 EP8 (Highlights) >>

タグ: Cycle10

テーマ: リアリティTV | ジャンル: テレビ・ラジオ


ANTM Cycle10 EP10 | Home | ANTM Cycle10 EP8 (Highlights)


Comment

Post comment

Secret



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。