| Cycle 22 | アジアズ・ネクスト・トップ・モデル 4 |


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<< ANTM Cycle11 EP3 ANTM Cycle11 EP1 >>

タグ:

ANTM Cycle11 EP2

14人のファイナリストでコンペティションスタートです


ビンテージカーに乗って向かったのは、とあるビルの屋上。

今サイクルはブリタニーと言う名前が3人いるので
2人は名前を変えることに。
ブリタニー・B → シャラーン
ブリタニー・S → マッキー


(名前を変えると言うと…C8のフーラヘイを思い出す

そしてジェイズの登場
「ようこそ!LAへ!」
「ここはタイラがモデルとしてスタートした場所だから、番組はいつでもここに戻ってくるよ」

再びバンに乗り込んでトップモデル・ハウスへ。
今回のHouseはなかなかの豪邸
(ビッグバンセオリーで「トップモデルのお屋敷」と言ってましたね!)

部屋の中にはタイラのトークショーで過去のコンテスタント達が
受賞したいろんな○○賞の写真が飾られています。
(ぉぉ~!シャンディ懐かしい♪)

そして、みんなで転換手術の詳細をアイシスに質問攻め

フランス出身のマージョリーはアメリカに来てもホームスクールだったからか
ぜんぜんアメリカっぽくない(染まってない)感じなんですよね~。

素朴カワイイ系かも アメリっぽい雰囲気もある。
表情の豊かさはC10ドミニクに次ぐ感じ

そしてプールでは、
アイシスは女性として泳ぐのは初めてだという。
水着の事とか不安はあったらしいけど
その勇気を褒める声もありました。
けど、偏見を持つ人も当然いますね~
保守的な人たちと進歩的な人たちが、わりと両極端なのがアメリカって感じ。
日本も保守的だったり偏見はあるけれど宗教的縛りがないのは良い面もありますかね。
けど何でも流行り言葉にしちゃったり笑いのネタにしちゃうのは日本のイヤなところ。

そしてマッキーは、ひとりトレーニングに励みます。
枕をパンチング

タイラメール
「明日は親密な経験をすることになるわ」
「魔法のような時間を楽しんで!」

次の日に一行が向かったのはマジック・キャッスル
そこでマジックショーの始まり~
助手で出てきたのはジェイズ
そして「Fierce~!」の合言葉と共にマジックボックスから出てきたのはナイジェル
(彼はまたアジア系を好きになるのかしら…タイプ的に違うかなぁ…)
そして違うボックスからはポーリーナ
ポーリーナ:「モデル界はマジックと同じで夢と幻想で成り立ってるのよ!」
今日は素の自分を見せてもらうため、
「あなたたちの運命を握る相手と1対1で話す」とか。
「それは私たちよ!」と。
個人面接でモデルとしての可能性をアピールせよ!と。


その後Houseに戻ると庭にデカいボックス置かれてます。
中にはモデルの基本アイテムのプレゼントが!
靴・スカート・スキニージーンズ・黒のワンピース


タイラメール
「自己主張の手段はファッションのみならず」

次の日に一行が向かったのは投票所?
2008年だったので大統領選の年でしたね~。
(今現在、とっくに次の選挙戦も終わってますけど

今回は政治問題をテーマにして
「投票はセクシーだ!」と若者に訴えかけるのだとか。

ぐあ~ それにしても保守的な地域で何不自由なく育ったような子って感じ悪い。
クラークとかクラークとか…


何か言いたげなハンナの視線も…。

そして・・・・


シャラーンも相当感じ悪い


まわりを引き込んで、撮影中のアイシスに悪態
相当陰険で子供じみてる。


アイシスは気丈に「やめて!」と言って
気を取り直して撮影に集中。

このCも陰険サイクルだったらイヤだなぁ。
たいていはザコキャラが悪態ついてるのだと思うけど。
番組的には差別や偏見のバカらしさをクローズアップさせたいのだろうな…。


Mr.Jay:「シーナ!エロくならないように気を付けるんだよ」


(ってか、メイクとかスタイリングがマズイような…)


(え~と、ニポ~ンで流行ってるコレを使ってみたのかな?)



ニキーシャ:「私、クローニングってヤツみたい」
スタン:「クローニング?ん??」


マージョリー

(Immigration/移民)

アイシス

(Privacy/プライバシー)

マッキー

(Environment/環境)

ジョスリン

(Unemployment/失業)

エリーナ

(Foreign Policy/外交)

サマンサ

(Economy/経済)

ブリタニー

(Military/ミリタリー)

シーナ

(Energy/エネルギー)

アナリー

(Healthcare/医療制度)

クラーク

(Bureaucracy/官僚主義)

ローレン

(Education/教育)

ハンナ

(Nuclear Weapons/核兵器)

ニキーシャ

(Cloning/クローン)

シャラーン

(Homeland Security/国土安全保障)


部屋に戻るとタイラメール


そして審査の日

aaron-symons:<br /><br />Tyra Banks<br />


今回は1stCallの写真がデジタルアートになって
トップモデルハウスに1週間飾られるという。

そして、初回から「話を聞きなさい!」パターンが!
(C4ティファニーほどの展開にならないで下さいね~
ニキーシャはたしかに他の写真もあったろうが…
言い訳にしか聞こえなくなっちゃうのよね

1st Callはマージョリー

ボトム2は、ニキーシャとシャラーン

そして、シャラーンが脱落

ほくそ笑むクラークfie

タイラ:「勝ちたかったのはすごくわかるわ」
「けど、リアルな実力が必要なのよ!」

ShaRaun Brown | Cycle 11
彼女は顔的にはC5のブリーに似た感じで可愛かったのに
中身の伴わない自信満々が裏目に出た感じですかね~
↑コレは他にもいそうだけど…
今後の展開も楽しみ




Brittney "ShaRaun" Brown




関連記事
<< ANTM Cycle11 EP3 ANTM Cycle11 EP1 >>

タグ: Cycle11

テーマ: リアリティTV | ジャンル: テレビ・ラジオ


ANTM Cycle11 EP3 | Home | ANTM Cycle11 EP1


Comment

Post comment

Secret



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。