| Cycle 23 | アジアズ・ネクスト・トップ・モデル 5 |


ANTM Cycle11 EP9

前回ボトム2だったシーナは焦っている様子
他の子もそれぞれジャッジの評価で悔しい思いをしてるみたいですね~

マージョリーとエリーナのヨーロッパ勢2人は
感情を出すのが苦手な様子。
(と言うか、アメリカが感情出し過ぎなのよね)


サマンサ:「けどアメリカに来てもう長いんでしょ?」

風習を変えないのがヨーロピアン。
わりと馴染む努力をしまうのがアジアンって感じですかね。
これも一概には言えないけど。


エリーナ:「順応するのがどんなに大変か、あなたにわかる?」
(きっとアメリカに住む白人にはわからないと思います)

まあね、都合のイイ言い訳と言えばそうなんだけどね。
アジアンにとってはその言い訳は通用しなかったりするのだ。

マージョリー:「あたしゃ他人の事を気にしてる場合じゃないわ」

タイラメール
「アピール上手になってチャンスをモノにして!」

そして一行が向かった先には

例のスワ~~~リング双子さん

C6にも登場してましたね~

用意されている商品の多様性を見せて売り込むチャレンジ。


そしてグリーンの全身タイツを着た
ジェイムズ・セント・ジェイムズの登場

モニター画面に映る姿はグリーンスクリーン効果で透明人間のよう。

透明モデルとしてショーをしてもらうよ!と。
デザイナーの作品を輝かせるのは誰?



ゲストジャッジにはアンショケット
ご褒美はセブンティーン・マガジンの
クリスマス・ホリデー号の撮影に参加できるという。


(※エピゾード内のネタバレあり)

マージョリー ポロリのまま音楽に合わせてノリノリです
サマンサはまたやりすぎてしまったよう。

チャレンジWinnerはエリーナ
マージョリーとアナリーが撮影に同行します。

サマンサ:「無神論者にクリスマスの何がわかるのよ!」

まあね、ブロンディーズの残党なサマンサ的には
異教徒扱いの人には関わって欲しくないわよね。
けど、祈りに行くわけじゃないですから。商業的なヤツですから。

そして3人は撮影へ

部屋に戻るとタイラメール
「カンペがあれば楽勝よね」

みんな:「CM撮影かなぁ?」

どうやらジョスリンは吐き気が止まらない様子。

何かをテリヤキ・ソースに漬け込んでるシーナに
サマンサ:「テリヤキ・ソース イレルアルヨ~!」
(サマンサは終始この調子でいくのか
(悪気はないんだろうし、ふざけてるだけな憎めないタイプよね)

アナリーは「バカにするような口調は失礼よ」と
シーナは「私はアジア人だけど気にしないわ!」と。


けどシーナも、最近の周りの態度にブチ切れ
「バスの中での会話が原因でしょ?」
「自分のルーツを言い訳にするのはやめたら?」と
怒りの矛先はエリーナへ・・・・

そしてシーナvsエリーナで、信念がどーこーな言い合いが勃発
(あれ?シーナさんもクリスマスと無神論者を持ち出すの?)

(そもそもお互いの信じるものを否定するからイケナイんじゃないの!)
(あたしゃ雑食主義だけど、自分のポリシーを貫くビーガンは尊重するわよ)

(ただし、わたしに強要しないでね! お互い違う道を進みましょ!)
とか言ってると、あの場にいたら総攻撃くらいそう

それにしても無感情な女との言い合いは…
シャットアウトされるから疲れるのよね


エリーナ:「他の子と分かり合えなくてもかまわないわ!コンペなんだもの」

(ですよね~)

翌朝になってもジョスリンの体調は悪いままの様子。


そして一行が向かったベルエアの豪邸で待っていたのはMr.Jay
あ~んど、C10優勝者のホイットニー

カバーガール・アイシャドウのCM撮影をするという。
(え?もう?)


CM撮影と言えばセリフ忘れが定番。
そこで今回はカンペを用意したという。
読みながらでも自然に演技できるかがポイント!


スタン:「ホイットニー、似合ってるじゃな~い♪」

1番手のサマンサはVeryサマンサな感じ。

エリーナはやっぱり感情が出てないと言われます。

マッキーはイマイチ不評でした。

アナリーはものすごく可愛い
たしかに動いてる時の方が魅力的よね

そして控室ではジョスリンが…ぉぉっと

マージョリーもVeryマージョリーな動きだったけど
ダメ出しされると沈み込んでしまいます

シーナは今回のヘアメイクは似合ってましたね~
アジアン意識しすぎの切れ長メイクよりも好きな感じ。
自然な動きも好評でした


そしてジョスリンw

ホイットニーばりの過剰な演技


(※プレイリストに先のエピソードのネタバレあり)
(※シーナまで見たら、即ストップ推奨)



部屋に戻るとタイラメール

マージョリーはまたマイナス思考モードです


そして審査の日

タイラ:「トップモデルならどんな靴もはきこなせなきゃね!」


「だから今日はコレでテストをするわ!」と木靴を取り出します。
アヒルみたいでかわいい

タイラ:「どんな靴でも歩けるようにしとくのよ!特に木靴はね」
「な~ぜなら、もうすぐアムステルダム行きよ~~!!!」


イエ~イ♪

タイラ:「けど全員が行けるわけじゃないのよね」


シーン・・・・・

1st Callはアナリー
アナリーは番組史上最高のCMと言われます

ボトム2は、ジョスリンとエリーナ

サマンサ:「(ジョスリンガンバレ!ジョスリンガンバレ!)」
シーナ:「(ジョスリン!ジョスリン!)」

しか~し、ジョスリンが脱落



一同あんぐり

キョドるマージョリー


ようやく「感情的になって泣く」が出来たエリーナさん

まあ、パーソナリティーなんかは置いといて順当かなぁ
エリーナの方が一般的にモデルっぽいしね。

ジョスリンはヘアメイクや表情によって顔が違って見えるんですよね~
すごく好き系だったりイマイチだったり。

その後もモデルとして活躍してるみたいですね

関連記事
<< ANTM Cycle11 EP10 ANTM Cycle11 EP8 >>

タグ: Cycle11

テーマ: リアリティTV | ジャンル: テレビ・ラジオ


ANTM Cycle11 EP10 | Home | ANTM Cycle11 EP8


Comment

Post comment

Secret