| Cycle 23 | アジアズ・ネクスト・トップ・モデル 5 |


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<< ANTM Cycle11 EP11 ANTM Cycle11 EP9 >>

タグ:

ANTM Cycle11 EP10

アムステルダム♪アムステルダム♪

部屋に戻った一同は荷造りを始めます。

前回、みんなの予想(期待?)に反して残ったエリーナ

マッキー:「エリーナに脱落してほしかったわ。サマンサやシーナもそう思ってるはず」
おっと!マッキーもそう思ってたのか



空港に到着して待っていたのはダブネ・デッカーズ

Holland's next top modelの司会者です。


ダフネ:「ぐーてみだぁは~※△◇○@×※◇」

「トップモデルは世界中を飛び回るから適応力が重要なの」と
見知らぬ街にもなじまないとね!と

そこで街に出て滞在する家を探すことに。

2人組になって、すべての任務を終え1位でゴールした2人は
25枚ずつ多く写真撮影をできるという。

というか、エリーナさん。笑顔でサマンサを選びましたね~
サマンサ:「あれ~?エリーナと一緒になっちゃったけど仲良くないんだよね~」
「まあ勝てればどうでもイイけど」


シーナとマッキーはここで2人組になってたんですね~
ANTM後も仲良さげな写真がいろいろとありました

【Task 1:アムステル中央駅行きの電車のチケットを買う】

ドルが使えなかったり、ホームが見つからなかったり
いろいろと苦戦してる模様

シーナ:「アムステルダムの印象はアブナイ街ね!けどイカしてる♪」

【Task 2:公衆電話を見つけて次の指示を仰ぐ】

サマンサ:「どこもかしこも運河なのよ!」

【Task 3:ダム・スクエアに向かう】


サマンサ:「エリーナってば泣き言ばっかり!勝つ気あんのぉ?」

サマンサはちょー体育会ノリよね

実際、体育会系だった様子。

【Task 4:公衆電話で家の住所を聞く】

そして後れを取っていたマージョリー&アナリーも追いついた様子?

【Task 5:タクシーで家に向かう】

1位はサマンサ&エリーナ

ハグる2人

2位はマージョリー&アナリー

アムスの家は北欧~って感じでステキです。
そして運河沿いのロケーションが最高ですね~


けど、ベッドは雑魚寝的な感じ?
オランダの民族衣装も用意されています。

1位だと思って嬉しそうに走ってきたシーナ&マッキーは3位


そしてタイラメール
「かつては遊ぶ場所、今は流行の発信地よ」


マージョリー&アナリー+エリーナが一緒にお風呂でキャッキャ

エリーナ:「私ってイヤな女に見られがちなのぉ~」
エリーナさんは優しい2人と仲良くしようとしている様子。

疲れて早く寝たい他3名は「ウルサイ!」と。
特にマッキーはお風呂3人組とは合わないみたいですね~


翌朝
エリーナはアムステルダムの街の雰囲気が合っているという。
「ウクライナに似て懐かしい感じがするのよね~」
なんだか表情もリラックスしてる感じですよね~
(神経質な保護活動をやめたらイイのにね

マッキー:「エリーナはなんでも懐かしいを連発してウザめよね」
「だったらHolland's next top modelに応募すればよかったのにね

マッキーがここまで言う(言ってることろを放送される)のはめずらしい
相当合わないんだろうね

そして一行が集合場所へ向かって路地に入ると・・・・
アムステルダムらしいお店がたくさん
飾り窓のオネエサンにも誘われたりします

シーナ:「こんなところでエロさを抑えられるかしら」

そしてエリーナは、アムスでは合法の売春には寛容な様子


運河の橋の上で待っていたのはMiss.J
「ここは有名な歓楽街だけど、新しい動きがあるの」
「飾り窓ファッション」としてデザイナーたちが、
かつての娼館をショールームに使っているという。
そのプロジェクトの一員カルロ・ワイナンツも来ています。

チャレンジは、各デザイナーのモデルとして衣装を着こなします。
2人ずつのチームで飾り窓に立つ姿を審査するという。

今回は仲良し同士ではなく、Miss.Jの指定で
シーナ&マージョリー
マッキー&サマンサ
エリーナ&アナリー

勝負の決め手はチームワークよ!と。

保守派のサマンサは娼館&飾り窓にかなり抵抗がある様子
「でも体じゃなくて服を売ることは大賛成よ」と


なぜか京劇風メイクなシーナ&マージョリー


ライトが顔に当たらなかったりドレスを引っかけたり苦戦するアナリーに対して
リラックス&ノッた様子でうまく見せるエリーナ


人形を演じるように言われたサマンサ&マッキーはなかなかの様子


近未来パンクロックな反逆児を演じたシーナ&マージョリー

マージョリーもヨーロッパに来てリラックスしたのか
ポーズを次々キメてかなり良かったですね~

Miss.J:「シーナはドレスよりも体を売ってるみたいよね」

ご褒美は、国際ファションウィークでデザイナーのショーに出れるという
チャレンジWinnerはマッキー&サマンサ


部屋に戻るとタイラメール
「着いたばかりだけど明日も旅は続くわよ」

そして、エリーナがまたまた細かいことを問題視

飾り窓のオネエサンと目が合って気まずかったと言うサマンサに
エリーナ:「そうやって気にして騒ぐことが問題よ!」
サマンサ:「売春が立派な職業だと思うなら理由を説明してくれる?」
(エリーナさんは論理的な説明はできないんだってば)
地雷を踏んでしまったサマンサ
ウギャ~~!!と怒鳴り散らし始めてしまうエリーナ

(その職業が無くなったら路頭に迷う人がたくさんいるだろうし…)
(合法だし自分の意志でその職に就いているならば他人がどうこう言う筋合いはないのよ)
(エリーナさんも、もっともらしい説明が冷静にできるようになるとイイですね

完全に呆れてるマッキーとシーナ

サマンサ:「チャレンジでは一瞬気を許したけどやっぱりムリ!!」

エリーナは…人を寄せ付けない性格なのか
何かにつけ反論するわりに自分の考えがまとまってないというね。
- まあ若気の至りってヤツよね by マージョリー -


そして翌日、一行が向かったのはとある港
Mr.Jay:「この街は16世紀に海運で発展したんだ」
「だから今日の衣装はミッドセンチュリー・ドレスの現代版だよ」

そして帽子で隠していたボサボサ頭をスタンにバラされるサマンサ

「あたしは25枚多く撮れるしね!ハ~レルヤ♪」


そして足上げポーズの後は、梁にまたがってしまうシーナさん
Mr.Jay:「シーナはなぜか下品なポーズを思いつくんだよね~」


今回のエリーナのメイクはけっこう好き♪
けど、集中し過ぎでMr.Jayのディレクションをガン無視してしまうエリーナさん

マッキー:「心の美しさが目に表れる人もいるけど・・・」
「エリーナの場合は醜さが表れてると思うわ」

シーナ:「内面って見た目に出るよね~」

今回かなり毒舌なマッキー

澄んだ瞳のマッキーに対して、
エリーナの瞳の奥では怒りや悲しみとか迷いが渦巻きあってる感じよね
(まあ、18歳でデキた人間なんてほとんどいないだろうけど…)

一方、スケーターとして見られがちなアナリーは
「スケートを意識するとうまくいかないのよ 自然体の私でいくわ!」と

Mr.Jay:「ハレルヤ!アナリーはスケートの経験をフルに生かせてたと思うよ」


マッキー

アナリー

マージョリー

サマンサ

エリーナ

シーナ

部屋に戻るとタイラメール

あれ?今回のシーナのメイクもわりと好きな感じだったかも。
アジア人もデカ目メイクの顔の方が好きなのだ

エリーナ:「シーナ、夢を見たんだけど…私とあなたが泣いてたのよ。」
シーナ:「ふ~ん、ヘンな夢ね。ハハッ」

エリーナ・・・・・
心理戦で来たのか・・・・

撮影では感情を出せないのに
裏では感情むき出しで一番わかりやすいエリーナさん


そして審査の日



ダフネ:「マージョリー、あなたは写真はイイけど実際はどうしてそんなにシャイなの?」
タイラ:「マージョリー、あなたが飾り窓でハジケてたとは驚きだわ」

そして今回は私服ファッションチェック付き

空港のセキュリティで止められそうなチェーンたっぷりで
ファッショナブルな服のマッキーに対し、
サマンサはイケてない
「お迎えママさんみたいね」と言われ・・・・

Miss.Jがズボンを脱いで「プレゼントよ!」渡してくれます

ナイジェル:「エリーナの写真は好きだが実際の彼女はくすんで見えるよ」

1st Callはマッキー

ボトム2は、エリーナとシーナ

未だに内面を出せてなくて固いと言われるエリーナと
自由奔放で自分をコントロールできてないと言われるシーナ

そして、シーナが脱落

彼女は顔的にはそんなに好きな感じではないのだけど
性格はイイ感じでしたね~!意外と日本的というか。
と言うか、ホノルル生まれなのか!あの性格は納得。
その後もモデル活動をしているようですね。

Huf Magazine

関連記事
<< ANTM Cycle11 EP11 ANTM Cycle11 EP9 >>

タグ: Cycle11

テーマ: リアリティTV | ジャンル: テレビ・ラジオ


ANTM Cycle11 EP11 | Home | ANTM Cycle11 EP9


Comment

Post comment

Secret



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。