| Cycle 22 | アジアズ・ネクスト・トップ・モデル 4 |


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<< ANTM Cycle11(その後) ANTM Cycle11 EP12 >>

タグ:

ANTM Cycle11 EP13(Finale)

ついにトップ3!

タイラメール
「○△※@□・・・」
「オランダ語で”easy breezy beautiful”よ!」

サマンサ:「CoverGirl~~~!!!」

手紙に入っていた台本は
やはりオランダ語のセリフですね~


サマンサ:「FTH ???」


そして3人が向かった先で待っていたのはMr.Jay

Mr.Jay:「後ろだよ~♪」

今日は2つの広告撮影をするという
まずはボートでCM撮影
その後、ビル内で広告用の写真撮影です

優勝者の広告はタイムズスクエアのビルボードになったり
全米のWALMARTのコーナーでも使われるという。

Mr.Jay:「自分が広告になるのは考えられる?」
「じゃあ、経験者を呼ぼうか」


ホイットニー登場


ホイットニー:「今回はリップグロスの広告で・・・ペラペラペラ」
 (彼女はホント広告向きね


「キスシーンもあるから情熱的にキメてね!」


アナリー:「寝ないでセリフを覚えたのにヘアメイクをしたら吹っ飛んじゃったわ」

CMの設定は
3人の女の子がバケーションを楽しんでいると
キュートな男の子が遠くから視線を…そしてキス



サマンサは可愛いのはイイのだけど
話す&動くと子供っぽくなっちゃうのよね
そして、Mr.Jayのディレクションを受けると、カタくなってしまい
いつものサマンサらしいハジケた感じがまったく出ません




サマンサ:「知らない男の子とキスなんて困っちゃうわ」


OMG~!



マッキーはオトナキレイな感じね
大作りな顔はわりと好き



やはり外国語のセリフに手こずっている様子で頭が揺れすぎてしまいます



そしてアナリー・・・・・


アナリー:「テイク1!、・・・・・・・・・・・・」

セリフが完全に吹っ飛んでしまった様子



アセリが思いっきり顔にでてしまい
いつもはスウィートな顔なのに
ヘアメイクのせいもありB!tchフェイスになっちゃってました



Mr.Jayのヘルプのおかげでどうにか乗り切ります


そしてお次は写真撮影

サマンサは写真だとウケがいいですね~!
あの性格も撮影の雰囲気を良くするんでしょうか

アナリーはポーズは好評、しかし表情にモデルらしさが欲しいと言われます
ひたすらスウィートな感じなので一般ウケはイイでしょうね~


そして、マッキーは落ち着いた顔のわりに
男前なノリというか、サマンサ同様おどける時もあるようで
変わってると言われてましたけど…その個性もわりと好評な様子

マッキー
 
サマンサ
 
アナリー

部屋に戻るとタイラメール
「明日はジャッジに会う日よ~!」


アナリー:
「サマンサやマッキーにかなわないと思う時もあるけど、
 どうしてもモデルになりたいの」
「脱落する心の準備なんてできないわ」



ナイジェル:「サマンサ、これじゃセリフの練習に見えるよ」
ポーリーナ:「アナリー、あなたの演技力を買ってたのに残念だわ」
タイラ:「マッキー、前回のCMよりもあなたらしさが出てて良かったわ」

CMはマッキーが1番でしょうかね~
広告はアナリーのが個人的には好きだけど
歯見せ笑顔はモデル界ではNGのよう
(私はMr.Jay的ミッキーマウス・スマイルが好きなのよ~


タイラ:「決勝のランウェイはMr.Jayがデザインした傑作よ」
「出られる人はとてもラッキーね!」



そしてファイナリストは・・・・・
1st Callはマッキー

タイラいわく
アナリーは一流モデル並みのポーズだけど表情が平凡
サマンサはハイファッションな写真を残してきたけど実物が平凡

そして2人目は・・・・サマンサ


アナリーは終始イイ子な感じでしたね~
素材はイイのに番組が求めるスポークスパーソン的には弱かったんでしょうかね


その後はモデルや女優としてかなり活躍してるみたいですね~




彼女はペアのジュニアスケーターだったみたいですね~


そして、セブンティーン・マガジンの撮影の日

サマンサ:「セブンティーン♪ ベイビ~!わたし向きじゃね?」

たしかにこの撮影はハジケた感じでとっても合ってるサマンサ
マッキーもカワイイ系の表情を作ってなかなか良い感じ

等身大のティーン・タイプと
ティーンが憧れるちょっとオトナっぽいタイプな感じですかね~
(たしか年齢的にはあまり変わらなかった気が・・・・)

そしてランウェイの会場へ


アップダウンの激しい長~いランウェイのようですが
滑らない素材で作っているという



そしてホイットニーも登場して
タイラも舞台裏へ激励に

舞台裏の緊張感は好きだわ~
このCはお互いほど良い距離感でモデルとして集中してるのが好感触♪
(ここに来て、ヘンにドラマを混ぜ込まないのがイイですね~)


まずはホイットニー


そしてマッキー

このランウェイは急坂を小走りで登るのね
これはコケそうでけっこうプレッシャーな気がする

HNTM C4 Winnerのアナンダも登場です


そしてサマンサ
あぁそっか…彼女はヘンな形の脚だったのよね
そして筋肉質なのか、ややプラスサイズに見えてしまう
歩き方もあまりランウェイ向けではないのよね
マッキーは長身だし文句なくランウェイで映えますね~

けど、ウォーキングは2人ともイマイチな感じですかね…
なんだか今回は、あのランウェイを歩ける脚力重視な感じ?


そして審査へ・・・・

Miss.Jがちょーキレイ

そして初回からを振り返ると
サマンサのロングヘアがもっさりしてダサイ

タイラ:「今回は内面も美しい2人が残ったわね」

(たしかに体育会サッパリ系の2人よね)

ナイジェル:「だけどこれはパーソナリティ・コンテストじゃないんだよ」



(”アメリカの”お手本になれる系モデルならどちらでもイイ感じですね~)

Miss.J:「マッキーは長身だから得ね あたしゃ長身の娘が好きなのよ」


America’s Next Top Model is ・・・・

マッキー
Congrats!!





サマンサ:「今まで自分をプリティ・ガールだと思ったことはなかったけど…今なら思えるわ」

彼女は性格が素直でカワイイ系でしたね~
その他のブロンドちゃん達とはちょっと違う感じでしたね

その後もいろいろとモデル活動しているみたいですね。



マッキーは15歳の頃からモデルのレッスンをしてたみたいですね~
そして、決定後すぐに写真撮影です


あれ?このフォトグラファーっていつからナイジェルになったんだっけ??


そしてタイラと2ショットも合成…
(まあね個別に修正かけた方がイロイロとね・・・)


このサイクルは特にお気に入りのコンテスタントはいなかったので
上位5人位までは誰が優勝してもイイ感じでしたね
わりと怒りを覚えるほどキョーレツなキャラクターも何人かいて
前評判のわりに面白いサイクルでした♪
けど、やっぱり…
クラシックサイクルの愛されキョーレツ・キャラに匹敵する子は
もう出てこないのかなぁ…



関連記事
<< ANTM Cycle11(その後) ANTM Cycle11 EP12 >>

タグ: Cycle11

テーマ: リアリティTV | ジャンル: テレビ・ラジオ


ANTM Cycle11(その後) | Home | ANTM Cycle11 EP12


Comment

Post comment

Secret



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。